読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジでっ!?Σ( ̄Д ̄;)

俺は言った。
>まことしやかに囁かれていた病気が発症しそうな今日この頃。
>そう、『iphoneを持ってるとMacが欲しくなる病』だ。
>買ってどうするのかと。iTunes専用機かよと自分を諌める毎日。使い道無いもんなー。
>明確な使い道が決まっていないなら、対応ソフトの数から考えてもWindowsの圧勝だろう。汎用性が違いすぎる。

しかし、「iphoneを使い始めてからappleに魅せられ、winからMacに乗り換えた人」達のブログなどを観ていると『ブートキャンプ』なる単語をよく目にする。
ビリーは関係無ねぇよなぁと訝しみながら、困ったときはgoogle先生に訊いてみようとググってみると……

Windowsも実行できる。

Windowsソフトウェアを時々使いたくなった時も、Macにおまかせください。すべての新しいMacには、Boot Campユーティリティが標準装備されています。Boot Campを使ってWindows XPVistaをインストールし、Windowsパソコンと同じ速度で実行できます。

http://www.apple.com/jp/macosx/what-is-macosx/compatibility.html


なん・・・だと・・・?


どうやら何代か前のMacから、プロセッサをインテル社製に変えたことにより、Mac上で普通にwinが走るようになっただけでなく、appleがそれを公式にサポートしているということらしい。

もともと画像処理や快適なインターフェースを実現するために『パソコン界のポルシェ』等と揶揄されるほどに高額だったMac。リーズナブルな価格帯に落ち着こうとも、そう言わしめるに至ったハイエンドなスペックは健在で、普通のwin搭載のノートPCなら、グラフィックカードなんてオンボードがほとんどなのに、MacBookは当たり前のようにGeForceを積んでやがる。
え、これってCADとかも快適に動くんじゃね?

揺れる。揺れ動く俺の理性。
ああ、しかしiphoneを使いこなせば使いこなすほどにPCとの同期を考えるようになり、必然的にwin機とMacを比較し、Macを知れば知るほどに「このiphoneを作った会社が練り上げてきたOSを体験してみたい」という欲求は際限なく高まっていくのだった。

よし! 思い切って買おう! ……宝くじが当たったらなっ!



結論:どんなに欲しくても先立つものがないと買えません。