読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これはヤバイ

帰りに家電量販店でMacを触ってみた。
今までは見向きもしなかった、一種独特な雰囲気を持つ一角に足を踏み入れ、思うさま弄繰り回してみたんだが……

めっちゃワクワクした!

今まで、winに慣れていたがために使いにくいと感じていたUIは、むしろPC初心者向けじゃないかと思うほどに丁寧で使いやすかった。
2台置いてあったiMacの内片方では、windows XPが普通に動いていて、本当に動くんだなぁ! と感動した。

マウスのホイールにあたる部分についてた小さなポッチが、トラックボールに相当するものだということにも初めて気が付いたし、MacBookマルチタッチトラックパッドの操作感も、iphoneに通じるものがあって非常に楽しかった。(→http://www.apple.com/jp/macbookpro/features.html)
にわかappleファンとしては、iphoneマルチタッチトラックパッドのどちらが先だったのかは知らないが、この操作感はノートPCに最適じゃないかと思えた。
使い方にもよるだろうが、ノートPCを選択するからには「持ち運ぶ」ことを前提としてるのがほとんどなわけで。
移動した先で机が用意されていて、そこで落ち着いて扱うならともかく、短時間しか使わない場合なんかではサッと開いてサッと使いたいもの。
そんな時は、わざわざマウスを使わずにトラックパッドで簡単に済ませたい……んだけど、少なくとも過去に購入したノートPC搭載のトラックパッドは、本当にマウスを使うまでもない or 机等の、マウスを動かすスペースがないため使えないというシチュエーションを除いては積極的に使いたいとは思わないようなシロモノだった。
しかしマルチタッチトラックパッドは違う。もちろんポインティングデバイスとしてはマウスの方が便利な点も多いのだけど、「まぁ(マウスが)無ければ無いでもいいか」と思わせるだけの利便性と『面白さ』があると思う。

そう『面白さ』。

もの珍しいだけって側面も多分にあるんだろうけど、iphoneに初めて触れた時に感じた、操作してるだけで楽しい、わくわくするような感動を、Macからも得ることができた。

正直appleを侮っていたよ、ジョブズ……お前らとは長い付き合いになりそうだなと、心の中でMacBook(展示品)に語りかける姿を、知人に目撃されずに済んだのは幸いだった。

マジで宝くじ当たらねぇかなぁーと思う。億万長者になりたいとは言わない。せめて10万も当たれば十分手が届くのだが……。
ともあれ、今後PCを買い替える時はWindowsよりもMacだなと思うには十分な衝撃だった。
車を買い換えるのは、次のモデルチェンジ後のプリウスが出てからだろうか……。(何年後の話ですか)(てゆーか何台Mac買うつもりだよ)