読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle Paperwhite 3G と過ごした1週間

ありがちなタイトルだけど、一度やってみたかった。

 

 1月予定だったKindle PW。なんか突然、

f:id:tanoken:20121225144216p:plain

こんなメールが届き、まもなくって言っても来年だろう? と思いながらアマゾンのアカウントサービスから発送状況を確認すると『発送済み』。

えええええ!? 発送済みかよ! 文字通りまもなく届くのかよ!

 

と、ひとしきり騒いでる間に届いた。

f:id:tanoken:20121223175115j:plain

f:id:tanoken:20121223175220j:plain

最初、画面になにか映ってる? でも電源入れてないし、なにか紙が貼ってあるのかな? と思って、剥がそうとするも剥がれない。

もしやと思って電源を入れてみると、画面が切り替わった。

おお、これがe-inkか、やりおるわ。

 

面白い事に、Kindleは電源を切っても画面が消えない。バックライト(フロントライト?)だけが消えて、 

f:id:tanoken:20121223181309j:plain

↑このように表示される待ち受け画像?が、ランダムで数枚用意されている。

 

 

f:id:tanoken:20121223231210j:plain

f:id:tanoken:20121223231322j:plain

iPad miniと並べたところ。

フォントはどちらも同じ明朝体のようだけど、若干違い、Kindleの方が紙の本に近い気がする。

あと質感が凄い。試しにバックライトをOFFにして、蛍光灯の下で見たら、本当に紙に印刷されてるように見える。

背面はラバー素材で滑りにくく傷も付きにくい。継ぎ目もないので、思ったよりチャチくない。本機の用途にも通じるシンプルさが小気味良い。

 

 あとやっぱり特筆すべきは軽さ。

何というかもう、iPadiPad miniを比べたときにも思ったけど『軽さは正義!』。

 

No. 名前 重さ 公式サイト
1 iPhone 5 112g アップル
2 iPhone 4S 140g アップル
3 文庫本(平均) 160g -
4 漫画(新書サイズ) 160g -
5 Kindle Paperwhite 213g Amazon
6 iPad mini Wi-Fi 308g アップル
7 Nexus 7 340g Google
8 Kindle Fire 395g Amazon
9 ハードカバー本(B5) 500g -
10 iPad 3rd Wi-Fi 652g アップル

 電子書籍リーダーの重さ比較 ~ 文庫本/Kindle/iPad mini/etc - #RyoAnnaBlog

 iPad miniよりさらに100g近く軽い。

 これは凄い。本当に持ってて疲れない。

Kindleを持った後だと、あんなに軽く感じたiPad miniを重く感じるのだから始末に負えない。人間とは慣れる生き物なのね。

 

ひとつ勘違いしてはいけないのが、Kindle PWは電子書籍端末であって、タブレットPCではないということ。

ページめくりの感覚はだいぶ違うし、ランドスケープモードがないので、当然見開き表示にも対応していない。一応漫画も読めるが、やはりKindle PWはテキストメイン、小説を読むのに適している。となると、勢いでKinoppyで購入してしまったのぼうの城冲方丁作品はKindle storeで買うべきだったか……。