読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

86試乗行脚 〜そして契約へ〜

86本契約を明日に控え、いい加減カラーとか色々きちんと決めねばならない。
試乗と、実車での色合いを確かめるため、本日は朝から宮崎市へと繰り出した。


ネット上で試乗車(展示車)のグレードやボディカラーは分かるが、トランスミッションはATかMTか分からない。
果たしてどちらなのか、行ってからのお楽しみ。できればMTに乗りたいな。


まずは一番のお目当てであるオレンジメタリックの試乗車が置いてる宮崎トヨタ南バイパス店へ。
やはりど派手なオレンジ。しかしその派手さがカッコイイ。実車を見た瞬間決めた。オレンジしかないと。


早速試乗を申し込む。朝イチで出張っただけあって、順番待ちもなくすんなり乗れた。
試乗車はMTだった。一発目から希望が叶うとは幸先が良い。
店を出てバイパスを南下。宮崎空港でUターンして戻ってくるというコース。
バイパスなだけに信号も少なく、流すにはうってつけ……なのだが、それなりに車も多かったので、あんまり回せなかった。そのせいか、思っていたより音は大人しかった。というより3000回転くらいまではほとんど音なんて聞こえないくらい。4000回転を超えるとテンションが上がりそうな音が響き出すんだけど、その頃には法定速度の壁が立ちはだかる。あと助手席からは営業さんの視線が突き刺さる。結局4速までしか使わなかった。「高速乗りてー」と思いつつ試乗終了。なんにせよ、色はオレンジメタリックに決めた。てゆーかMTとか乗ったの何年振りだよ。我ながら下手くそで恥ずかしかった。

次に向かったのが宮崎トヨペット 花ヶ島店


展示ブースで出迎えてくれたのは真っ赤なGT “Limited”そして試乗車は白のGグレード、こちらはAT車だった。
正直、乗る前はATということでガッカリしたのだが、乗ってみるとこれがなかなか快適。アクセルに対するレスポンスが良くなる『Mモード』を使えば、かなり引っ張って加速できるし、逆に減速しながら手動でシフトダウンしていくと、端から見ているとヒール&トゥで華麗に減速しているように見えなくもないだろう。
なにより気に入ったのが、エキゾーストサウンド。オプションでマフラーが付いてるからか、先のオレンジGTに乗ったときは物足りなく感じた音にも大満足。別に車だのマフラーだのに詳しい訳ではないので、あくまでイメージというかそれっぽい雰囲気が気に入ったというだけの話だが。

  • 宮崎トヨペット 花ヶ島店
    • 試乗車
      • グレード:G
      • トランスミッション:6AT
      • カラー:サテンホワイトパール
      • オプション:フロントスポイラー、サイドスカート、ハイレスポンスマフラー(たぶんTRD製で揃えてる?)
      • 営業さんによると、近日中に18インチホイールを始め、足回りも強化予定とのこと。
    • 展示車
      • グレード:GT “Limited”
      • トランスミッション:6AT
      • カラー:ライトニングレッド
      • オプション:なし?


GT希望だったが、あえてGを選び、マフラーをオプションで替えるのもありだな……と思いつつ、道路を挟んで斜め向かいにあるトヨタカローラ 花ヶ島店へ。


試乗車はGのAT車。色は青だった。そしてどノーマル。
GのAT車は先ほど乗った。しかもノーマル。
さらに言うと、青というボディカラーもあまり俺の琴線を揺らすことはなかった。
ついでに言うと、対応した若い営業が「僕、車とかあんまり分からなくて。たぶんお客さんの方が詳しいですね」とか宣ったので、なんだかテンションが下がって試乗はしなかった。仕事なんだから新作の仕様くらい頭にたたき込んどけっつーの。
相手が車に詳しくないなら話すともなかろうと早々に立ち去るつもりだったが、店舗毎に納期が違う可能性もあるので、納車時期だけは訊いておこうと確認してもらうと、なんと在庫があるので即納可能との回答が。俺の求めるMT車が。しかも色はオレンジとシルバー。だが残念、グレードはGだった。GTならノーマルでも良かったが、Gだと色々メーカーオプションを付けたいので泣く泣く諦めた。


即納可能……即納か……と呟きながら次に向かったのはトヨタカローラ 都城店


地元の86取扱認定店、Area86。本来なら真っ先に試乗に行くべきところなのだが、試乗車は事故のため修理中……だったけど「戻ってきたので試乗OKですよ」との連絡を受けたので行ってみた。
入り口付近で存在感を放つ黒い奴。グレードはGT。とくにオプションはなし。そしてMTだった。
おお、MT。宮崎ではイマイチ乗り切れてなかったから今度こそリベンジを、と密かに闘志を燃やしていると、隣に乗った営業さん「車が車なんで飛ばしたくなるでしょうけど、安全運転でお願いします」……はい。


やはりノーマルのマフラーは物足りないなー。ちょっと踏み込んでみようにも車が詰まってて無理だなー。……などと考えながら走っていると、営業さんに指示されて左折したところでチャンス到来。見通しの良い直線、前方に車両なし。2速で5000回転まで回してみると、ようやく待ち望んだエキゾーストサウンドを聴くことができた。うん、でも危ない。まだまだ回せるけど、さすがにこれ以上は怒られるだろうと自重した。
ようやくそのポテンシャルの一端を垣間見ることができて満足しながら試乗を終える。いや、もっと性能を引き出してみたという欲求が強くなった。不満足。足りぬ。まだまだ乗り足りぬわ……!


あと、左右独立式フルオートエアコンの使い方を習ってみる。なるほど、俺なんか暑がりだからエアコンがんがんかけるが、助手席に女の子なんか座ったときは寒いかもしれないな。あまり重視してなかったがこれは便利だわ。まぁ隣に女の子を乗せる予定はないからいらねーな。

    • 展示車
      • グレード:GT
      • トランスミッション:6MT
      • カラー:サテンホワイトパール
      • オプション:なんか色々100万円分くらい。


最後に向かったのが宮崎トヨペット 都城店。


初めて買った車、AZ3からお世話になっている行きつけの店。そして一家全員お世話になってる。何気に15年ほどの付き合いになるのか。
本当は明日行く予定だったけど、今日から試乗できるとの連絡を受けていたのと、朝からの86試乗行脚でテンションが上がっていたのでこのまま勢いで契約しちまおうと突撃。あと、後の予定が空いてたので。


店内は珍しく(失礼)盛況の様子。担当の人も他のお客さんに接客中。まぁアポなしで突撃したのでそれは仕方ない。用件を伺いに来た受付嬢に「お構いなく」と答えながら、先日までは無かった真っ赤な試乗車を眺めていると、元・担当で現・店長から「試乗するかね」と声がかかる。他のスタッフが接客に忙しいためか、店長自ら同乗してくれるのかと思いきや、「いいや、乗ってきて。事故には気をつけて」とまさかの単独試乗の許可が。それでいいのか。まぁ店長が許可出したんだから良いのか。
ここで『しめしめ』と思う気持ちと、『信頼されているからこそ無茶な運転はできない』と思う気持ちがせめぎ合う。嗚呼、二律背反。
結局は、安全運転を心掛ける代わりに、特にコースを指定されなかったので、試乗としては気持ち長めに走らせてもらった。満足。


前回、仮見積りしたときはGTを選んだが、思ったよりマフラーが大人しいのでここはG+TRDのハイレスポンスマフラーを選択してみた。あとやっぱりキーは回さないとなっ!
色はずっと気になっていて、実車を見て一発で惚れ込んだオレンジメタリック。
メーカーオプションも寒冷地以外全部付けたので、GTとGT“Limited”限定のスマートエントリー&スタート白文字盤メーターオートエアコン17インチホイール以外はほぼGTと同じ仕様になった。
ナビ、ETC、バックモニタ、iPod接続ケーブルと細かいところも詰めて、プリウスは親父が乗るから、下取りは現在親父が乗ってるプレミオで。10万也。支払総額は308万。支払い方法を決め、印鑑を付いて契約完了。納車予定はとりあえず8月13日。まぁ1ヶ月前くらいにならないと正式な日取りは分からないらしいが。盆までに来ると良いな! 来ると良いな……。