読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルクラウド

現在使用しているクラウドストレージ系のサービスは、

の二つ。他にもSkyDriveやBox.netのアカウントも持っているが、あまりデータを分散するのもアレなので実質使っていない。
SafeSyncは、容量無制限を謳ってサービスインした当初こそ諸手を挙げて歓迎したものの、1年と保たず他サービス並の価格と容量に改悪された瞬間解約した。

クラウドストレージサービスは便利なんだけど、容量と価格がネック。
その点、pogoplugは自宅に設置したHDDをクラウドストレージとして活用できるため、費用対効果という面では比べるまでもない。
しかしながらこのパーソナルクラウドというシステムは、容量に対する費用面は非常に優れているものの、導入当初ADSLしか選択肢がなかった実家では全く使い物にならなかった。
そりゃあそうだ。いくら外出先から高速で繋ごうとも、肝心な実家のネット環境が上り1M程度ではお話にならない。
結局のところ、NAS替わりと使うならTime Capsuleの方が優秀だったりしたので、半ば放置していた。


さて、そんなpogoplugなのだが、この度、その運用を見直してみようと思い立った。というのも、

  1. Macに接続しているデータ用外付けHDD(3.5インチ・2TB)をMac miniに合わせてUSB3.0対応品に変えよう。
  2. どうせなら省電力省スペース化を図り、バスパワー駆動できる2.5インチにしよう。
  3. さらにテレビの録画用HDD(3.5インチ・2TB)もバスパワー駆動できる2.5インチの物に変えちゃおう。


ということで、3.5インチ・2TBのHDDが2台空いたのが一点。
さらに、pogoplugはバージョンアップを重ね、いつの間にやらPS3やXBOX360から使えるようになっている……というのが二点目。
以前とは違い、回線はADSLからケーブルに変わり、上り速度が上がっている(それでも最大5Mだが)ことや、USB3.0の速さを体験したことで、パーソナルクラウドとしては未知数だが、NASとしては確実にパワーアップが期待できるのが三点目。

USB3.0に対応したpogoplug Series 4は日本未発売。しかしAmazon等で輸入品が普通に買える。

Pogoplug Series4 パーソナル メディア クラウド スマホからも [並行輸入品]

Pogoplug Series4 パーソナル メディア クラウド スマホからも [並行輸入品]


ラトックシステム USB3.0 RAID HDDケース(HDD2台用) RS-EC32-U3R

ラトックシステム USB3.0 RAID HDDケース(HDD2台用) RS-EC32-U3R

さっそくpogoplug Series 4と、2台のHDDを1台にまとめてUSB3.0に対応させるためのケースを購入。やべぇ、最近ちょっとAmazon使いすぎだわ。


お役御免となる3.5インチ2TBのHDD2台とpogoplug(旧)。
f:id:tanoken:20130112123216j:plain


そしてこんにちは。pogoplug(新)とHDDケース(USB3.0&RAID対応)。
f:id:tanoken:20130112123927j:plain


pogoplug新旧対比。
f:id:tanoken:20130112124153j:plain


新型は、後にUSB3.0×2。
f:id:tanoken:20130112124245j:plain


そして上蓋を外すと、USB2.0×1とSATA端子。
f:id:tanoken:20130112124304j:plain


このように、むき出しの2.5インチHDD(SSD)に対応。
f:id:tanoken:20130112124322j:plain


次にHDDを用意。まずは2台のHDDの中身を取り出し、
f:id:tanoken:20130112125626j:plain


挿入。
f:id:tanoken:20130112125710j:plain


一旦フォーマットが必要になるので、まずはUSBでMacに接続。
RAID1(ミラーリング)でいくかRAID0(ストライピング)でいくか迷ったが、このHDDに入れるのは生データではなく、あくまでバックアップだし、NASとしての活用を考えてるので、速度と容量を重視してRAID0(ストライピング)にフォーマット。
f:id:tanoken:20130113150815p:plain

まぁ一番良いのはHDD4台を使ってのRAID10なんだろうけど、さすがに予算が足りなかった。


設置してみるとこんな感じ。
f:id:tanoken:20130112141824j:plain

アクティベートも無事に済んだ。試しに入れてみたデータも認識されており、問題なし。
f:id:tanoken:20130113151614p:plain


ちなみ直差ししてる2.5インチ(120GB)の方はiPhoneからアップロードする写真専用になる予定。
f:id:tanoken:20130113152152p:plain


iPhoneで撮影した写真が自動的にアップロードされる。ちなみに写真は、月毎に自動生成されるフォルダに入るので整理も楽だ。
f:id:tanoken:20130113152159p:plain



これで、

Mac mini本体 → Time CapsuleにTime Machineでバックアップ
   |
 [USB3.0接続]
   |
外付けHDD → pogoplugに接続したRAID構成のHDDでバックアップ

という構成が出来上がった。
システムもデータも自動でバックアップされ、しかもpogoplugに入るデータはNASとしてネットワーク内にある他のデバイスからも閲覧可能で、専用のアプリを使えば出先からでもアクセス可能。
f:id:tanoken:20130113185259j:plain

ギガビット対応のLANケーブルで有線接続し、HDD―pogoplug間もUSB3.0で繋がれているため、PS3等から動画再生するときも非常にスムーズ。
さすがに出先から動画の再生は厳しい。所詮は上り5Mよ。嗚呼、光回線ならば……。
まぁともあれ、これでようやくパーソナルクラウド環境は満足できるものになった。あとはBTVが上りももうちょっと早いプランを作ってくれれば……無理か。