読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad mini Retina

11月中発売とは言われていたが、事前告知も無しにいきなりApple Storeにて購入可能になっていたiPad mini Retina。


とはいえ、最初は品薄だろうし、レビュー記事を読みあさったりしながら、少し落ち着いた頃に、ボーナスで買えばればいいやと気楽に構えていた。


そんなに急いでどうするのさ。


これでタブレットデビューしようとか言うならともかく、すでに初代iPad miniを持っているじゃないか。


仙道さんも言ってた「まだあわてるような時間じゃない」と。
























f:id:tanoken:20131124174035j:plain

なーんてな。



そりゃあ買うさ! Retina displayの128Gモデルって、それ去年初代iPad miniが出た時から求めてやまなかったものなんだから。


さて、それではさそっくレビューと行きたいところだが、開封の儀だの外観の比較だの重さだのスペックが云々という話は、きれいな写真やデータ付きで他所様が散々やっているので端折らせて頂き、個人的にメインの使用目的である電子書籍・PDF・自炊本の閲覧について比較していきたい。

写真はすべて左側iPad mini Retina、右側iPad mini

f:id:tanoken:20131123212200j:plain
f:id:tanoken:20131124174516p:plain

  • PDF

f:id:tanoken:20131123221431j:plain
f:id:tanoken:20131124174522p:plain

  • 自炊(マンガ)

f:id:tanoken:20131123230833j:plain
f:id:tanoken:20131124174525p:plain


写真ではイマイチ伝わり辛いかもしれないが、やはり細かい文字なんかがぼやけていた初代iPad miniに対して、iPad mini Retinaはクッキリハッキリ見える。
マンガなら横画面の見開き表示でも問題なく読める。雑誌はさすがに縦画面の単ページ表示だが、細かい字も拡大せずにそのまま読める。

感覚的には初代iPadからiPad3に変えた時と全く同じ。やはりRetina displayは偉大だ。
ただ、今回はiPad Airもかなり軽量化されて魅力的になっているので、使用目的に合わせて選択するのも手だと思う。
私の場合、電子書籍を読むのは6インチ・200グラム前後が最適という持論は変わらない。しかしながら、複数の端末を使い分けるのは面倒だし、購読しているMacPeopleやMac Fanは逆に大きい画面の方が読みやすいとも思うので、間を取ってiPad miniが最適なのだ。


また、2013年11月1日から2013年12月25日までの間に、Apple Online Storeで購入した製品は、2014年1月12日まで返品できるらしい。
返品・返金 - Apple Store (Japan)

それを利用して、Airとmini Retinaの両方を買っちゃった方もいらっしゃる様子。
やはり使ってみるのが一番なので、中々良いアイデアかもしれない。店頭だと、触れる範囲も限られてるし、ガキお子様が占領してて触れない場合もあるだろう。
【レビュー】購入迷っている人が多すぎるので『iPad mini Retina』と『iPad Air』両方買ってみました - Moxbit


細かい絵や文字の視認性は、Retina化によって劇的に改善されている。
「中身はiPad2」と揶揄された初代と違い、今回は中身も最新のA7チップが使われ、動作もサクサク。外見が全く変わっていないため、インパクトが薄いiPad mini Retinaだが、正統進化した大満足の逸品に仕上がっている。……値段も進化してるが……。




ちなみに、0.3mmほど厚くなっているため、初代iPad miniの防水ケースが流用できるか心配していたが、問題なく使えた。

知り合いの人は、

こちらのケースを使ってみたが、やはり問題なく装着できたそうなので、iPhoneにあるような、金属製とかのよほどシビアなケースでない限り流用できるようなので一安心。